*

頻尿の原因はこの4つ対策はどうする?改善薬で漢方&有効運動とは?

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 健康・医学

Pocket

悩んでいてもなかなか他人に
相談できない尿のトラブル




特に女性の方は頻尿に悩まされて
いるという方が多いようですね。




まず、そもそも頻尿とはどういった
症状なのでしょうか。






頻尿とは






尿が近い、トイレに行ってもまた
すぐに行きたくなる、排尿の回数
多いといった症状の事を言います。





一般的には、朝起きてから夜の
就寝までに8回以上排尿に行く
という場合を頻尿と呼びますが





それには個人差が大きいので
明確な基準があるわけではありません





自分自身で排尿の回数が多いと感じ
頻尿と自覚する場合もあります。



今回は頻尿に困っている女性へ
頻尿の原因対策をご説明
していきたいと思います。


スポンサードリンク

頻尿の原因まず2つ

頻尿の原因は様々です。実際に尿の量が多いのか
尿量は多くないけれど回数が多いのか





また感染症や腫瘍により頻尿となる場合もあり
原因を追究することは重要です。





頻尿に悩まされているという方は
男性よりも女性の方が多いようです





男性より女性のほうが尿道が短いため
尿が漏れやすく、細菌に感染しやすく
膀胱炎にもなりやすいので、感染症
による頻尿となるのです。





また冷え性と頻尿の関わりも大きいので
女性のほうが頻尿となるケースが多いのです。






そう大きな原因は







感染性によるものと冷えです。




何科を受診する?

一般的に頻尿に悩む方は、泌尿器科
を受診することをお勧めしますが




少し抵抗があるという方も多いかもしれません。






そういう場合はどうすれば?







そういった女性は、産婦人科
でも診察してもらえますし




女性専用の泌尿器科
あるのでそこがおすすめです。





また頻尿の原因のひとつに
ストレスが挙げられます。





ストレスが原因となる頻尿を神経性
の頻尿と呼び、ストレスや緊張感
極度の不安感などを感じると
尿意をもよおすことがあります。







こんな場合はどうすれば?







この場合は神経内科
を受診することをおすすめします。



改善薬&漢方薬は?

頻尿の原因により対処方法は違ってきますが
感染症などが原因の場合は、専門医の受診と
服薬で改善されることが多いです。




膀胱炎など、細菌感染で頻尿となる場合は
処方された抗生物質を服用することで
数日で炎症が治まり、頻尿も回復します。




神経性の頻尿の場合はストレスを取り除く
ことが必要ですがなかなか難しく、専門機関
カウンセリングを受けることが治療への近道です。




心因性の症状が強い場合には抗不安薬や
自律神経調整薬、抗うつ剤などの薬を用いることもあります。




しかし対症療法ではなくて
原因の根本から改善したい!
というあなたに



漢方薬で頻尿の改善
がみられることもあります。





それは






甘草乾姜湯(かんぞうかんきょうとう)
という漢方薬です。



ですが漢方薬は対症療法的な治療薬
ではなく体質を改善するものですので
根気よく長く飲み続ける必要がありますよ。




頻尿改善の有効運動はこれ!

最後に頻尿改善に非常に有効なとっておき
運動をご紹介したいと思います。



じつは骨盤下の筋力が低下する事が
頻尿の原因のひとつにもなっていますので



骨盤下の筋肉を鍛えることで
尿道の閉まりを良くする事が
できるのです。





やり方は簡単。
まずは仰向けに寝てください。






それから肛門をぎゅ~っと






閉めていきます。
はいこれだけ。




この運動を継続して実践していく事で
骨盤下の筋力がついていき



ある程度排尿コントロール
する能力が身につていきます




ですがここまで読んでいただいた
あなたにはこの運動をもっと
効果的にする方法をご紹介します。





この骨盤下の筋肉を鍛える運動は
そのまま行っても効果的なのですが




ある方法を組み合わせることで
さらに効果がアップします






それは







肛門を閉めてそこでしばらくとめる
5秒~7秒締め続けましょう^^



閉め続けたらそこで一旦ゆるめ
再び閉め続けます



最初は疲れてしまうと思いますので
5回1セットで、慣れてきたら
10回1セットに増やしていきましょう!




これは筋力トレーニングの中でも
アイソメトリックトレーニング
といわれているもので




関節の動きが少ない部分の筋肉を鍛えたい
時には非常に有効な方法です。




医師の適切な診断を受け薬を処方
してもらう事も大切ですが



根本的に体質改善をする事で
より効果的な頻尿対策
出来ると思いますよ。



是非お試し下さいね^^


スポンサードリンク

関連記事

no image

二重あごの解消法はガムがおすすめ!原因はリンパの滞りだった!!

しみ・しわ・二重あご。 女性の顔の悩みベスト3ですよね。 プヨプヨした二重あごを

記事を読む

infuru2

インフルエンザの流行2016の時期はいつまで?

毎年必ずといっていいほど流行を 繰り返し、われわれを苦しめる インフルエンザ

記事を読む

daeki

唾液の効果と働きは?分泌量を増やす6つの方法!

虫歯や口臭などお口の中の トラブルで悩んでいる方 かなり多いようです

記事を読む

inful

インフルエンザになったらいつから登校(登園)可能なのか?

一昨日からうちの子供が インフルエンザ にかかったんだけれども 今朝がた熱を計った

記事を読む

no image

予防接種の副作用の原因はこの3つ!症状や注意事項は?

日本脳炎やBCGそれから 季節性感染症の インフルエンザやロタウィルス

記事を読む

no image

紫外線対策 まずは服に帽子にサングラス!シミやそばかすに効果的な食べ物とは?

夏の強い日差しを見ると熱心になる紫外線対策も 冬の寒空だとついさぼりがちではありませんか。

記事を読む

karei

加齢黄斑変性症の原因は?症状やリスク因子も教えて!

視界の周囲がかすんで 見えにくくなったり 中心がゆがんだり 急に視力が落ちてきたり

記事を読む

imagesCAP6F7OX

寒暖差アレルギーの症状と対策は?効く薬や原因をまとめてみました!

寒い冬、外から帰ってきて暖かい部屋に 入ると、とたんに鼻水が出てくる という経験

記事を読む

no image

赤ちゃんのインフルエンザ症状は?予防接種はいつから?

感染力が強く毎年11月頃~4月頃 まで大流行を起こす インフルエンザΣ(゚д゚lll

記事を読む

no image

ダチョウ抗体マスクで花粉症対策?ダチョウ抗体スプレーの使い方とは?

今や日本人の4人に1人が苦しんでいるといわれる 花粉症ですが、花粉症の方はどのような対策をしていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

子連れママ
子連れママのダイエットにピッタリの方法!産後太りを解消するにはこれ!

『出産後はなかなか痩せない』 こんな話よく聞きませんか?

yasaifurutsu
アルカリ性ダイエットとは?海外モデルも絶賛のデトックス効果!

アルカリ性食品を多く摂ればメタボになりにくい? 最近巷でこのような、

wakisita
脇の下の肉を落とすピッタリの方法!無理なくダイエットするにはこれ!

普通に歩いているだけでも 背筋がピンと伸びた人ってそれだけで素敵です

sanngomama
二人目産後ダイエットにピッタリの方法!無理なく成功するにはこれ!

一人目の時はストンと落ちたのに 『二人目産後はなかなか痩せない』

zeiniku
腰回りの贅肉を落とすピッタリの方法!無理なくダイエットするにはこれ!

鏡に映った自分のお腹 ぷよぷよとたっぷり脂肪がついてダラっとしていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑