*

インフルエンザの流行2017の時期はいつまで?

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 健康・医学

Pocket

毎年必ずといっていいほど流行を
繰り返し、われわれを苦しめる




インフルエンザ




感染すると症状も重くなる事が多く
一番の対策は手洗い、うがい
などの予防になってきますね




特に流行のピーク時には
万全の予防をしてウィルスを
シャットアウトしたいところですが



例年、気がつくと家族が
かかっていたり



ウィルスには潜伏期間があり
この期間に感染してしまう
ケースもあるので



事前に流行りやすい
時期を知っておけば



早い段階で予防の
準備ができるし



いつまで感染が続くのか?
っていうことも非常に気
になりますよね



今日はインフルエンザはそもそも
なぜ、毎年そんなに流行するのか?



どの時期に一番流行りやすいのか?
ということに焦点をあてて
お届けしていきます^^



スポンサードリンク


何故、インフルエンザは毎年流行するの?

なんでも人間の体にはウィルスが入り込むと
抗体ができて、それ以降そのウィルスには
感染しなくなるという




免疫システム




という非常に優れた仕組みが
備わっていると聞いたんだけど・・・




要するに、一回感染したウィルスを
体がしっかり覚えてくれて



2回目に同じウィルスが体内に入っても
その病原体に犯されないように
守ってくれるわけだよね?




例えば流行性耳下腺炎、俗にいう
おたふくかぜですが




この病気はムンプスウイルスの感染
によって引き起こされます




このウィルスは
一度感染してしまえば
それ以降かかることはありません



これは我々の体内の免疫システムが働き
それ以降も体を守ってくれるからですね





では問題のインフルエンザ
こちらのウィルスはどうなのでしょうか?



人は一回感染したウィルスに対して
抗体ができあがるのは前述しましたが



一昨年に流行したインフルエンザウィルス
抗体は、ほとんどの人が体の中に
できあがっているはずです



ですから年々インフルエンザは
流行しなくなってもよさそうですが



現実にはそうなっていません





では何故インフルエンザは
毎年流行
するのでしょうか?





それはインフルエンザウィルスが
日々変異しているからです



なかでも最も変異する
能力が高いのがA型ウィルス



毎年必ずといっていいほど流行し
問題になっているのがこちらの
A型ウィルスなんですね



もともと増殖力と伝播力に優れた
インフルエンザウィルスがこの
変異能力もあわせてもっているので




毎年我々の前に違った姿で現れ
免疫システムをすり抜けて



流行してしまうというわけです






インフルエンザの流行する
時期は?いつまで続くの?

インフルエンザウィルスは
実は一年中、流行が確認
されている地域もあり



地球の中をぐるぐる回って
北半球では12~3月



南半球では4~9月に流行
することが知られています



我々が住んでいるのは北半球ですので
12~3月の冬の時期に流行する
ことが多いですね



でも何故インフルエンザウィルス
は12~3月の冬の時期に流行
することが多いのでしょうか?



いくつか理由がありますので
一緒にみていきましょう



まず第一にインフルエンザウィルス
が空気中にばらまかれるのは



感染した人のくしゃみ
によるところが大きいです



咳やくしゃみで空気中に
ばらまかれたウィルスは
水分につつまれているのですが



冬の空気は乾燥しているため
この水分が蒸発し、飛末核
という状態になり




この状態だと小さくて軽いので
長時間空気の中をただよえて
しまうのですね



この浮遊している飛沫核となった
ウィルス吸入してしまうと
飛沫核感染を起こしてしまいます




場合によっては目などの粘膜
から直接侵入してくることもあるので
本当にたちが悪いですよね



それからこのインフルエンザウィルス
が最も活動的になり




増殖力を増す温度




33℃ぐらいだそうです




人の体温はだいたい36℃~37℃の間




しかし冬は当然外気温が下がり
外に出ると体は外気に冷やされ



例年12月下旬あたりから
1月~3月ぐらいまでは



のどや鼻など体の外側の部分は
33℃ぐらいになっています




この状態はインフルエンザウィルス
にとっては非常に快適な環境




ですから毎年インフルエンザは
12月下旬頃から徐々に流行し始め



1月~3月に流行のピークを迎える
パターンがほとんどです



スポンサードリンク



また最近の研究ではビタミンD
がインフルエンザなどの感染症
の予防や改善の役立つ



ことが東京慈恵会医科大学准教授
浦島充佳氏によって明らかに
なってきました



で、このビタミンD
太陽光の紫外線を浴びる
ことによっても



からだのなかで作られる栄養素



冬の寒い時期は当然
日が短くなり



太陽光を浴びる時間も
減ってしまいます




ですから体内で作られる
ビタミンDの量も減り



ウィルスに対する抵抗力
も落ちてきてしまうのですね



逆に3月下旬頃からは日照時間
が徐々に延びてきて



大気の湿度も徐々に
高くなってきますので




体の抵抗力も強くなり




ウィルスに対する
耐性も整ってきます




じゃあ一体インフルエンザ
の流行はいつまで続くのさ(´Д`)?




ということなんですけれども
今年もウィルスは




12月上旬頃から感染者が増え始め
翌年1月~3月頃にピークを迎え



4月~5月にかけてだんだんと
減少していくと思われます




ですので
流行は1月~3月頃まで続く
とみて



インフルエンザ対策
日頃の健康管理を
怠らないようにしましょう


まとめ

インフルエンザの流行2016
の時期はいつまで続くのか?




ということでお届けしてきましたが
いかがでしたでしょうか?



手洗いうがいはもちろん
規則正しい生活を心掛け



特にウィルスが蔓延する
ピーク時には



病気にかかりにくい
環境を整えましょう!

スポンサードリンク

関連記事

no image

喉の痛み治すのに早く効くのはこれ!マヌカハニーのすごい効果効能とは?

喉が痛くてツバを飲み込むのさえつらい。 誰でも一度はこんな症状に悩まされた 経験があるか

記事を読む

no image

歯肉炎の痛み 原因は?こんな症状には歯磨きの正しい方法で対処しよう!!

あなたはお口の中の病気を 何個思い浮かべられますか? お口の中の病気のうちの 1つに歯

記事を読む

images

湿布の貼り方のコツを一挙公開!かぶれた時の対処のポイントは?

激しい痛みではないけれど 鈍い痛みの腰痛が続いている。 長時間のパソコン作業で 肩

記事を読む

no image

予防接種の副作用の原因はこの3つ!症状や注意事項は?

日本脳炎やBCGそれから 季節性感染症の インフルエンザやロタウィルス

記事を読む

no image

ダチョウ抗体マスクで花粉症対策?ダチョウ抗体スプレーの使い方とは?

今や日本人の4人に1人が苦しんでいるといわれる 花粉症ですが、花粉症の方はどのような対策をしていま

記事を読む

コンタクトレンズ

コンタクトの裏表が逆?付け方や入れ方と外し方のコツを教えて!

さてと今日もコンタクト を付けてお出掛けお出掛け♪ ってあれ?なんだかごろごろ し

記事を読む

no image

赤ちゃんのインフルエンザ症状は?予防接種はいつから?

感染力が強く毎年11月頃~4月頃 まで大流行を起こす インフルエンザΣ(゚д゚lll

記事を読む

images

頻尿の原因はこの4つ対策はどうする?改善薬で漢方&有効運動とは?

悩んでいてもなかなか他人に 相談できない尿のトラブル。 特に女性の方は頻尿に悩ま

記事を読む

images

疲労骨折の症状と痛みは?テーピングや予防方法を一挙公開します!

疲労骨折とは1回の外傷で起こる通常の骨折とは異なり 骨の同じ部位に繰り返し小さな負荷がかかることに

記事を読む

ゼーゼー

赤ちゃんがゼーゼーするのはこの病気かも?3つ症状と対処法は?

今日は赤ちゃんの ゼーゼーについて 代表的な3つの症状と 疑われる病気をご紹介したいと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

子連れママ
子連れママのダイエットにピッタリの方法!産後太りを解消するにはこれ!

『出産後はなかなか痩せない』 こんな話よく聞きませんか?

yasaifurutsu
アルカリ性ダイエットとは?海外モデルも絶賛のデトックス効果!

アルカリ性食品を多く摂ればメタボになりにくい? 最近巷でこのような、

wakisita
脇の下の肉を落とすピッタリの方法!無理なくダイエットするにはこれ!

普通に歩いているだけでも 背筋がピンと伸びた人ってそれだけで素敵です

sanngomama
二人目産後ダイエットにピッタリの方法!無理なく成功するにはこれ!

一人目の時はストンと落ちたのに 『二人目産後はなかなか痩せない』

zeiniku
腰回りの贅肉を落とすピッタリの方法!無理なくダイエットするにはこれ!

鏡に映った自分のお腹 ぷよぷよとたっぷり脂肪がついてダラっとしていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑