*

種類が豊富!サラセニアの育て方と栽培は?植え替えや増やし方も教えて!

公開日: : 観葉植物

Pocket

筒状の葉は株立ち
しているように立ち上がり


なんとも隆々しい姿が
魅力のサラセニア





今日はこの種類が豊富な
サラセニアの育て方と栽培
植え替えや増やし方などを
お届けしていきたいと思います^^



筒状の葉がまるでお酒などを入れる
瓶子(へいし)のようにみえる事から
日本では瓶子草と名づけられました


食虫植物の中でも
比較的育てやすく
旺盛に生育し


栽培が上手くいきますと
捕虫葉の高さは1m近くまで
育つといわれています


性質も丈夫で耐寒性もあるので
冬越しもさほど難しくなく


自宅に何か変わった観葉植物
が欲しい方にはおすすめですよ^^

スポンサードリンク


豊富な種類が魅力のサラセニア

サラセニアの持つ大型の捕虫葉
は食虫植物の中でも虫を捕獲
する能力に優れ


その蓋には蜜線がありまして
ここから甘い香りの蜜を出し


虫をおびき寄せて
捕虫葉の中に落としこませて
消化・吸収します


性質が丈夫なことから
食虫植物を始めて育てる方にも
おすすめできるのがこの植物


原種はS・アラタ、S・オレオフィラ
S・プシタシナ、S・フラバ、S・プルプレア
S・ミノール、S・ルブラ、S・レウコフィラの
8種類だけになりますが



交配が容易なため交雑種が多く
園芸店などでは非常にバリエーション
豊富な品種が出回っています


隆々しく株が立ち上がのは
アラータ、フラバ、レウコフィラ
などの種類で、こちらは


フラバのマキシマ
という品種


草丈が高くなるので行灯仕立て
の支柱で周りを囲ってあげると
折れずに栽培することができます





逆にプルプレアやプシタシナ
は小型で、置き場所に困りませんし


テーブルグリーン
などに向いているかもしれません





こちらは
プルプレアのドラモンティー
という品種





また中には捕虫葉の美しい
色彩が特徴の品種もあり


大きく育つと白い斑が入る
赤い葉が魅力的な


スカーレットベル





こちらは葉が立ち上がる
種類ですが


その立ち上がった葉を
よく見てみると赤い
網目模様しています


レイコフィラですね^^





このように
園芸品種が本当に多く
寄せ植えの素材にしてもよし


種類が多彩で楽しみ方も
バリエーションも豊富


育て方や増やしかたを
きちんと身につけて


たくさんの種類をコレクション
してみるのもいいですね^^




サラセニアの育て方や
栽培方法を教えて!

食虫植物は本来、貧栄養の土地
で育つために捕虫能力を手に入れ
進化していった植物


またその中でもこの種は
湿地やブナ林にある沼地のような


少し高台で比較的風通しの良い
湿気があって日の当たる場所で
育ちます


お日さまが大好きな植物で
葉緑体によって光合成を行う能力
も備えていて捕虫活動は補助的なもの



ですので肥料として虫を与えるな~んて
ことはしなくても大丈夫ですので
ご安心くださいね


(虫を餌として与えすぎると逆に
枯れてしまうこともあります)




春~夏にかけて園芸店や
ホームセンターでも手軽に手に入り


食虫植物が始めての方でも
比較的栽培しやすい部類だと思いますが


園芸が初めてで
育て方が分からないとか



だんだん茎が伸びてきたけれど
植え替えの方法が分からない



ということもあるかもしれません



育て方にちょっとしたコツ
がありますので



一緒にみていきましょう^^


1・置く場所はここ

サラセニアはブナ林の沼地や
湿地帯などで育つ植物


しかも暑さ、寒さに強く
寒冷地以外なら
戸外で越冬も可能です


また日照を好む植物ですので
なるべく年間を通して
戸外の明るい場所に置き


お日さまにに当てて
育ててあげるのが理想です



ただこちらの植物、水をあげる時
腰水という方法で管理するのですが
(水やりの項で詳しく述べますね^^)


真夏の強力な直射日光を
当てすぎると溜めた水がお湯になって
根腐れする原因になりますので


7月中頃~9月までは
風通しの良い明るい
半日陰に移動した方が無難です



春・秋の生育期には
十分日の光
にあててあげましょうね^^

冬越しのコツ

サラセニアは宿根草のように
冬は冬眠期に入ります


地上部が完全にではありませんが
ほとんどの部分が枯れて


春に新芽を芽吹かせるために
鉢土の中の地下茎は残り
新芽を出す準備をしていますので


夏場に与えるほどの水やり
は必要ありませんが


鉢土の乾燥には気をつけて
灌水で水やりをしましょう


冬場の水やりコツは
鉢土が完全に乾ききってしまう
前にあげる
です^^


また寒さに強く
冬は戸外で越冬させます


関東以西の地域ではベランダ
などの戸外に出ししっかり
冷気に当てて管理しましょう


寒冷地では凍結させないぐらいの
場所に置くと良いでしょう


まとめますと
年間を通して戸外の
日の当たる場所に
置きますが


7月中旬~9月は
強い直射日光を避け
西日に気をつける


午前中だけ日に当たる場所
に置くのがおすすめです^^



2・鉢植えの土は?

植物の生育で大切なのが
用土だと思います


使われる用土としては、赤玉土
鹿沼土、バーミキュライト、パーライト
などが適していて



園芸ベテランの方はこれらの土を
自分でブレンドして



オリジナルの培養土を
で楽しむのもいいですが


湿地帯に生息する植物ですので
水分を多く含むことができる
水苔を単体で用いる
のもおすすめです




肥料についてですが
あまり必要ありません


栄養の少ない土地で育つために
独特の形をした葉を発達させ
捕虫能力を身に着けた植物


肥料をあげ過ぎると捕虫葉が
発達する意味合いをなくし
大きく育たず観賞価値が下がります


また水ゴケは、わずかながら
養分を蓄えていますので
それで十分です

3・水やり
食虫植物の中でも特に
水を好む部類に入りますので
水切れには十分に注意しましょう


地下水が豊富にある湿地帯
に生息していますので


人工的に地下水があるような環境
を作ってあげる必要があります


水やりは腰水と頭からかけてあげる
灌水で管理していきます


腰水とは鉢を水に浸し
底から水をすわせる方法で


適当な大きさの受け皿を用意し
そこに1~1.5㎝程度水を張り
水を吸わせるようにしてあげましょう


冷たい水を好みますので
できましたら、1日一回は
水を替えて


頭からもたっぷり水をかけて
灌水してあげましょう


灌水をすることで水苔の劣化
を防ぐ効果もありますので


是非両方の水やりで
管理することをおすすめします


冬は休眠期に入りますが
空中湿度が下がりますので


灌水をしてあげて
湿度を高めてあげるのも
水やりのコツです^^

スポンサードリンク


植え替え方法を教えて!

サラセニアを長く育てていくときに
大切なのが植え替えです


水ゴケは痛みやすく、痛んだ状態では
本体の根まで弱ってきてしまいますし


幹の部分が成長している
という事はその分根も伸びていて
鉢の中で窮屈になっています



成長の度合いに合わせ新しい根を伸ばす
スペースを確保するためにも
鉢の植え替えをしてあげましょう



そのまま放っておくと
根腐れの原因になってしまいますからね


水ゴケは日々の管理は楽な反面
植え替え時に根が絡まって手間が
かかるというデメリットもあります


植え付けの際は
鉢から株を抜いて古い水ゴケ
を細心の注意を払い取り除いて
あげてくださいね


植え替えは年に一回が目安
また一年の中でも冬場の1月~2月中旬
植え替え適期です


植え替え方法

1・鉢は一回り大きなものを用意し
  鉢底にゴロ石を入れてを入れておきます


2・鉢から株を抜き、古い水ゴケ
  をていねいに取り除き

  根が痛んでいるようでしたら
  整理します

  
3・根の周りに新しい水ゴケ
  を巻いてゴロ石を入れた入れ

  周りにも水ゴケを詰め込んで
  いきます


スポンサードリンク


増やし方も教えて!

サラセニアは実生(種まき)
と株分けで増やしていく
ことができますが


比較的簡単な増殖方法は
ダンゼン株分けで


植え替えと同じ時期に
するのがおすすめです


地下茎に茎の部分が肥大した
根茎(バルブ)があるので


根茎と根茎の間の手で折れやすい
ところで手でボキッと折って
分けていきます


それでは株分けの手順を
みていきましょう


1・鉢から株を取り出す
サラセニアを鉢から出して
周りの用土を落とします


水ゴケに植えていて
根が取れにくい時は


流水にかけながら水ゴケ
を落としていくといいですよ

2・根茎と根茎の間で株を分ける
株分けは最低3バルブ
以上で一株になるように
分けていきます


それ以下のものは
株分けに適しません

3・水ゴケを巻いて植え付け
分けた株は水ゴケで巻いて
あらかじめ鉢を株数分用意し
植えつけていきます


要領は植え替え方法
と同じです

まとめ

種類が豊富なサラセニア
の育て方


植え替えや増やし方のコツ
いかがでしたでしょうか?



是非、観賞価値の高い
食虫植物の栽培に
挑戦して



豊かな毎日をお過ごし
くださいね^^

スポンサードリンク

関連記事

2015y09m26d_105022203

豊富な種類が魅力!アグラオネマの育て方は?挿し木の増やし方も教えて!

葉緑に斑の入った葉模様が特徴的な 植物アグラオネマ 成長が比較的緩やかで 多少日当たり

記事を読む

2015y10m04d_060653117

観葉植物グズマニアの育て方と植え替えは?株分けの増やし方も教えて! 

直立して咲く豪快な花立ちは 非常に鮮やかで種類も豊富な 観葉植物グズマニア 赤や黄色な

記事を読む

2015y09m26d_132635530

豊富な種類が魅力!カラテアの育て方は?株分けの増やし方も教えて!

光沢のある葉模様が個性的な 植物カラテア 丈夫で育てやすく耐陰性もあるので 多少日当た

記事を読む

ヘデラ

観葉植物ヘデラの育て方と植え替え方法は?挿し木と増やし方も教えて!

育てやすく見た目も愛らしい 観葉植物ヘデラ ツル性のこの植物は次々と葉が出て あっ

記事を読む

ori-bu

オリーブの育て方鉢植えの植え替えは?挿し木や剪定方法も教えて!

風にそよぐ樹形と灰緑色の愛らしい 葉がチャームポイントの オリーブ 実は日本でも人

記事を読む

2015y10m17d_111306560

観葉植物アレカヤシの育て方と植え替えは?剪定と株分けの増やし方も!

株立ちして伸びていく 樹形が涼し気で 寝室やリビングなど、お部屋の いろんなシーンで楽

記事を読む

2015y09m05d_080344203

グリーンネックレスの育て方と植え替え方法は?挿し木の増やし方も教えて!

見た目もエレガントでまるで宝石のような 多肉植物グリーンネックレス エメラルドグリー

記事を読む

2015y11m07d_102024617

品種や種類は?ハエトリソウの育て方と植え替え 株分けの増やし方も教えて!

食虫植物の中でも一番ポピュラーで 人気も高いハエトリソウ 今日はこのハエトリ

記事を読む

2015y09m13d_155847808

テーブルヤシの育て方と植え替えは?剪定と株分けの増やし方も教えて!

ヤシ類のなかでも成長が遅く さほど大きく育たないので 室内でも置き場所に困らない 観葉

記事を読む

虹の玉

豊富な種類が魅力!多肉植物セダムの育て方は?増やし方も教えて!

いかかですか? プクプクとしたこの愛らしい姿。 お部屋にかわいい植物があったら な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

子連れママ
子連れママのダイエットにピッタリの方法!産後太りを解消するにはこれ!

『出産後はなかなか痩せない』 こんな話よく聞きませんか?

yasaifurutsu
アルカリ性ダイエットとは?海外モデルも絶賛のデトックス効果!

アルカリ性食品を多く摂ればメタボになりにくい? 最近巷でこのような、

wakisita
脇の下の肉を落とすピッタリの方法!無理なくダイエットするにはこれ!

普通に歩いているだけでも 背筋がピンと伸びた人ってそれだけで素敵です

sanngomama
二人目産後ダイエットにピッタリの方法!無理なく成功するにはこれ!

一人目の時はストンと落ちたのに 『二人目産後はなかなか痩せない』

zeiniku
腰回りの贅肉を落とすピッタリの方法!無理なくダイエットするにはこれ!

鏡に映った自分のお腹 ぷよぷよとたっぷり脂肪がついてダラっとしていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑